汗ほとばしる人妻の圧倒的な腰振りで、僕は一度も腰を動かさずに中出ししてしまった。 叶愛

2021年7月27日

『私たち、なぜいつも目が合うんですかね?』不意に放った向かい部屋に住む人妻の一言に、僕は動揺を隠せなかった。大きな乳房を弾ませながらエクササイズをする汗まみれの彼女と目が合う度に、僕はイケナイ妄想を膨らませていた。そんな僕の下心を知ってか知らずか、彼女は言葉巧みに襲い掛かってきた。誰も居ない昼下がり、女性経験の少ない僕が主導権を握れるはずもなく、彼女に言われるがまま身も心も支配されて…。

全編ダウンロードはこちら >>>